私は現在34歳独身の男性ですが、23歳の頃に性病に悩まされました。その性病ですが、いわゆる「毛じら...

信じていた人からうつされました

私は現在34歳独身の男性ですが、23歳の頃に性病に悩まされました。その性病ですが、いわゆる「毛じらみ」です。
当時、遠距離恋愛をしていた人と再会するため、東北から東海地方まで移動しました。久々に会えるということもあり、彼女と部屋で過ごす時間を重視し、どこにも出かけずにホテルの部屋で、そういった行為をしていました。

一泊二日の日程での旅行でしたが、旅行から戻ってきてから数週間で、陰部の激しいかゆみを感じるようになってきました。食品を扱う職業だったのもあり、仕事中にかゆみのある陰部を触るのは「以ての外の行動」でした。日が経つにつれて、かゆみを感じる部分も頻度も広くなってきて、仕事に支障をきたし始めたある日、トイレに行き、かゆみ部分をかいていたら、右手の爪の間に、小さい蜘蛛のような虫が挟まっていました。

帰宅後、自室で陰部を虫眼鏡で確認した結果、陰毛の根元に何匹かいるのを確認できたので、彼女に小さい虫について話を聞いてみました。

私と付き合う前の男性が毛じらみの処理をしていなかったせいで、その人からうつされたと主張していましたが、そんなことよりも私自身の仕事に支障が出るレベルの出来事なので、対処方法を聞きだすことが出来ました。

毛じらみを退治するという「スミスリンシャンプー」を薬局から購入し、入浴時にそのシャンプーで陰毛を処理して、陰毛の根元にある卵を除去するために「専用のくし」で処理しました。使用から10日間で駆除できました。

毛じらみの退治はシャンプーでできますが、タオルなど家族と共用するものについては、そのタオル経由で家族にまで感染する可能性があるということで、私の下着やシャツは、「洗濯は事前に60℃以上の温度のお湯に数分間浸してから」というステップをする必要があったのも、結構面倒でした。
その手順を踏まずにしたのですが、後日、腋毛にも繁殖していたこともわかり、「縮れ毛」にもスミスリンを使う羽目にもなりました。